収益物件GUIDE>不動産投資のリスク

不動産投資のリスク

不動産投資は良いことばかりではありません。メリットがあればデメリットもあるのです。しかしマンション・アパート経営のデメリットを知ることで、いい収益物件を見つけることができ、事前に物件のリスクの対策もできます。広島 賃貸で物件を探す前に、ここでは不動産投資のリスクについて説明します。

空室リスク
建物の老朽化
金利の上昇
資金流動化のリスク

繁盛する店があればそうでない店もあるように、経営において売上を予想することは大変困難 な事です。
一方賃貸経営では、近隣の相場からある程度正確な賃料収入を予想することができるのです。ですから、賃貸管理会社は一括借り上げなどの方法で家賃保証することができるのです。
ただし、今後は賃貸経営において競争が始まる事も考えられますので、差別も必要になってくるでしょう。
立地やデザイン、間取り、防犯、管理、貸し方、賃料など色々な差別化を検討できます。空室の原因はほとんど立地と賃料設定にあります。専門家の意見を聞きながら物件選びをする必要があります。

経年変化による建物の老朽化は避ける事が出来ません。
老朽化が進んでいる建物をそのままにしてしまうと、k現在の入居者が退去した時に新たな入居者が決まらないという空室のリスクが、かなり高くなってしまいます。
修繕費をあらかじめ事業計画に入れて不動産投資を進めていくのが良いでしょう。

ローンを利用して不動産投資をする場合に、変動金利を選択している場合は返済額アップのリスクも負うことになります。
ローンの返済期間を短く設定する、繰上げ返済をする、固定期間を長くするなどのリスク対策をしておく必要があります。
ある程度の自己資金がある上でローンを利用するという方法が望ましいと思われます。

将来売れなくなるかも知れないというリスクがあります。文字通り、不動産は、動かすことのできない資産です。当然、他の金融資産などと比べ流動性が低い資産で、急にお金が必要になった時に換金したくても、預貯金や株券のように今日、明日にでも現金化できるわけではありません。最低でも数週間〜1ヶ月、通常数ヶ月の時間を要します。売り急ぐと売却価格を低くする可能性もあるため、不動産投資は、あくまでも余裕資金で始めるスタンスが必要です。 立地が良いか利回りが良ければ、流動化し易いと言えます。高利回りの物件を運用して、すでに投下資金を回収しているなら、別段売却価格に固執する必要はないかも知れません。

バブル崩壊後に、値を下げた不動産の価格も、都心部では上昇に転じています。この点にも注目して売却益(キャピタルゲイン)を狙ってみるという方法も間違ってはいないですが、予想していた通りにはいかずに下落するというリスクもある点は頭に入れてておかなければなりません。あくまでも将来的な収益(インカムゲイン)がどれほど見込めるのかという点が不動産投資の考え方のベースなのです。

一般的に景気の回復に伴って不動産の価格が上がると思われがちですが、需要と供給のバランスからいってバブル期のような不動産価値の急上昇というのはこの先ないといってもいいでしょう。立地や条件によって売却益が見込める所もあれば、売却益のリスクが高い所もありますが、この先少子高齢化で借り手(需要)の先細りが見えていて、不良債権処理が進んでいけば供給は、さらに加速されます。将来的には売却するという時のことを考えて値下がりリスクの少ない立地や条件をできるだけ選ぶようにしましょう。


注目サイト
名古屋の声優養成所比較ランキング